カリキュラム 学部教育との関わり 進路 選抜要項
 

これまでの実績では、医療機関(病院、診療所)が多く、教育機関(医・歯一薬学、教育系)研究機関がこれに次ぎます。民間企業(製薬企業等)への進践も開かれています。

分子細胞医学専攻の修了者には、医療機関、教育機関、研究機関、民間企業など幅広い進路が期待されます。分子生物学の高度技術を身につけた研究者、職業人の需要はますまず増加すると予想されます。

生体機能調節医学専攻の修了者は、先進医療や高度地域医療に携わる高度医療職業人になるものが多いですが、巾部はシステム医学の研究者となります。

地域疾病制御医学専攻の修了者は、地域医療及び地域保健活動に携わるリーダーとなる以外に、官公庁、国際機構(WHO、UNICEF等)、産業保健・国際保健関連の企業(健康診断業務、保険会社)等に進む者がいます。

口腔生命科学専攻では、歯科医療機関く病院歯科及び歯科診療所)、教育一研究機関、厚生労働省・県庁などの官公庁、民間企業への就職があります。








 
 | Top | About MDS | Education System | Research | New,Event |